EIJI.COM  最近思うこととか、なんかしら気づいたこととか。そんことを書いていけたらいいかな。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「I believe myself」のススメ
2006-02-23 Thu 20:59
「藤田くん、そこワックスかけるから椅子と机部屋から出して床拭いといてくれるか。やり方はあの子に聞いたらええから。」

 とうてい37には見えない社員さんが僕にいう。聞き取りにくいボソボソとした声。聞き逃さないように僕は注意する。

 「オッケイです。」

 「俺はコピー取りに行ってくるから。」

 「うーい。」

 あの子は僕に何も指示を出さずに、与えられた仕事をこなしていく。あの子は少し俺に遠慮しているのがわかった。なぜなら彼は僕より1つ年下だからだ。彼は京都の某大学に通う4回生だった。就職がきまっている。冷凍食品の営業をするらしい。どうやら学生の世界では年齢の1つの違いが意外に大きいらしい。

 あの子は床を磨き上げる。それはきっちりとした計画が必要だ。この床磨きにも頭を使う。適当にしてはいけない。できあがりのワックスの質が変わる。あの子は一度磨いた場所を二度と踏まなくていいように、磨いていく。それはパズルを組み立てていくように、与えられたスペースを少しずつ埋めていく。あの子の床磨きは無駄がなく、上手だった。僕はそれを見学しては、床磨きのマシーンのウイーンという気持ちのいい音に耳を傾ける。

 「僕は大学で中国の文学を勉強したんです。意外と面白いんですよ。今では中国語で書かれた文章をすらすらよめるんです。」

 「へぇ、すごいんだね。」

 「産大はマクドナルドがありますよね。」

 「うんあるよ。あんまり行かなかったけど。笑」

 僕は今ビル管理の会社にバイトとして働いている。朝早いのは嫌だけど楽しそうだ。今日は中小企業産業会館(あってるかな?)の会議室をキレイにする。清掃にも定期清掃と不定期清掃があるらしい。僕は最初定期清掃に応募してが、23の子がする仕事じゃないという理由から不定期清掃に回された。それはビルの清掃だの、病院の清掃など様々だ。今日はこの産業会館と小さな病院の清掃をする予定だ。

 産業会館の会議室を後にして、次の病院に向かう。車の中で、なんちゃって37の社員さんが僕に質問をする。

 「仕事なんで続かんのや。」

 「うーん。自分にもよくわかんないですよ。でも責任は感じてますよ。適当なことしてるって。」

 「そうか(笑)。ここにはどれくらい居るんやろな。(笑)」

 「そうですね(笑)。」

 そろそろ病院での清掃がはじまりそうだ。僕はあの子の後ろで仕事を覚える。

 ワックスをかけ終えた床はよく滑る。あんのじょうあの子が滑ってコケる。もしかしたら笑うのを我慢するのも仕事の内かもしれないと思って奥歯に力をこめては笑うのをかみ殺す。うん。やっぱ無理(笑)。しかし見事な滑りっぷりで。バケツの水を部屋中に撒き散らすオマケつき。うむ。僕が審判員なら技能点、芸術点ともに満点で金メダル間違いなしだろうに。それは荒川静香をゆうに超えているのである。


 そんなこんなで僕は帰りの車の中で37の社員さんがラジオのボリュームを回した「I Believe」に耳を傾けるのである。誰がうたっているのだろう。最近の曲だ。いい曲だ。悪くない。この仕事くらい悪くない。

 



「I believe myself  信じることで全てが始まる気がするよ」



 うん。やっぱり悪くない。あの子の4回転くらい悪くない。

 


 


 
 
スポンサーサイト
別窓 | 最近の出来事 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
「そこを、あえてドリブル」のススメ
2006-02-08 Wed 05:18
 久々の更新。久々になったのには訳がありまして。まぁなんというか、なんといえばいいか。みたいなかんじ。どんなかんじ?(笑)


 はっきりいってへこんでましたね(笑)。それはもうへこむことのオンパレードで、頭と体が動きませーんでした。体のほうも大変な不調ぶりで、いつまでたっても風邪が治らないという状況。体がとても重く、頭もがんがんとしていたし、毎日栄養ドリンクを飲む日々。栄養ドリンクの「元気発進!」というフレーズを信じ込んでいる自分。久しぶりですな、こんなにひどいのは。というか初めてちゃうか、ここまでひどいのは。体のほうは病院に行き、薬をもらいました。インフルエンザちゃうかと疑ってしまうくらいの不調でした。「食欲ありますか?」という看護婦さんの問いかけに、アイスクリームをパクパクたべながら「あんましないんです。」と平気な顔してこたえている自分。うむ、だいぶ頭にきている、とカルテに書かれたに違いない。。自分でも「俺なにいってんのやろ。」と思ってしまう。
 
 それでも、まぁだいぶ落ち着いてきました。と、いうことでブログでも更新しておくことにします。


 原因はまず、会社はクビになったこと。理由は簡単で、僕が無断欠席したからです。じゃなんで無断欠席したか、ですが。。たぶん(自分のことやのにたぶんってなんやねんと言いたい俺。)めんどくさくなった、でしょう。
 「もっとたのしそうにしろ。」だの「もっと笑え。」だの。それを意識して働いてると、ひどく疲れてしまって、集中がぷつりと切れてしまった。俺は子供か。この会社決めるのにどんだけ時間かかったと思っているんだろう。
 と、これでもかと自分を責めたのでそろそろ釈放してやってもいい頃でしょう。僕の就職のことで喜んでくれていた友人もいたので、なんか悪い気がしていますが、ごめんなと言うのもおかしいので謝りません(笑)。また次探します!


 親はおこっていたなぁ。「お前をそんなふうに育てた覚えはない。」ドラマでしか聞いたことないような台詞。「俺もうまくやるつもりやった。ちょっとうまくいかんかっただけや。」


 仕事の話はもう終わり。難しく考えだすとおかしな答えにしか行き着かないもんね。次にいくよ。



 次はサッカーの話。ドリブルするのはそんなに悪いことだと思ってない。スペースあって前向けたらドリブルすんのは当然。ゴール前で平行パスかシュートすんのかを迷ったりしたくない。それに周り無視したドリブルは僕だってする気はない。もししていたら僕が回り見えていないか、周りの声が僕に届いていないかのどちらか。この前の試合のビデオみたけど、ドリブルすんなの指示で僕が前向いているのに、その指示に従ってバックパスしたシーンがあった。くだらないシーン。そんなんするなら突っかけていって相手引き付けてからでもいいはず。そのプレーにも嫌なら、おれをトップに置くのはもう辞めたほうがいい。それに僕はトップの選手の割りにサイドに流れている動きのほうがおおい。センタリングのときに中央にいないときのほうが多かった。

 それにウチのチーム、パスをまわしたいのかカウンターしたいのかも少しわからない。パス回せる相手ならいいけど、相手がウチより運動量あったら守ってカウンターなんだろうし。



 そんなこんなで僕は「次何しようかなぁ」と模索するのである。

 
 


 
別窓 | 最近の出来事 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
| EIJI.COM  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。