EIJI.COM  最近思うこととか、なんかしら気づいたこととか。そんことを書いていけたらいいかな。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「美」のススメ
2005-12-27 Tue 06:28
 仕事は来月からということなので今はなんにも考えずにのんびり日々を送っている今日この頃。特に書くこともないので、何を書こうか考え中である。

そうだ。今世間を騒がせているスポーツがあった。「フィギュアスケート」。僕はあまり興味ないのでくわしく知らないが、浅田真央選手が年齢を理由にトリノオリンピックに出れないらしい。当然実力がなくてはこんなことにはならないのだろうから、やっぱり選手として力がある証拠なんでしょう。スポーツ番組を見ていても、女子選手の中で一番手足が長いし、ジャンプも高くとてもスマートであるし、着地から次のモーションに入る動きがとてもスムーズで華麗だ。そしていつも笑顔である。個人的には荒川静香のほうが好きである。(見た目重視?)

 このスポーツは競技の美しさを競いあうようだ。にしても、「美しさ」の基準は人間によって違うから、僕たち見ている側の人間はなかなかにわかりずらい。結果が出てから、今回トリノへ行くことになった選手の映像をみていてもどこかピンとこない。日本女子のレベルはかなり高いらしく、この選考会が本番のオリンピックだとしてもなんら見劣りしないらしい。へーすごいんだなぁ、と人事のような感想を述べてみる。「美」の感覚の違いは大きなことだ。僕たち日本人のこの感覚と、外国のひとの感覚の違いは当然あると思う。むしろ、ないほうがおかしいと感じる。今回の選考会で審判をした人が全員日本人だったなら、僕は少し首を傾けてしまう。オリンピックでこの競技を審判するのは、どんな国のひとなのだろう。フィギュアスケート先進国の選ばれし者なのだろうか。テクニック的な知識はプロに任せるとして、「美しさ」の採点をする審判団に、ぜひとも5大陸から一人ずつ選んでみてはいかがだろうか。おもしろい結果がでそうでワクワクしてしまう。


 「美しさ」を評価する、ということを考えているうちにある選手を思い出した。長野オリンピックのときに活躍したスキージャンプの舟木選手だ。そのときの彼のジャンプの美しさはまさに芸術だ。言葉では足りない。これほど「キレイ」という言葉が似合うものはない。幼かった僕も一瞬にして心を奪われた。僕はノーマルヒル、ラージヒル、団体とすべてビデオに録画して何回も見ていたのを覚えている。その時の彼のジャンプは、横から見ればスキーの板と彼の体が一本の線、それはものすごく美しい飛形である、に見えるのだ。審判団も飛形点を20点満点にするひとがたくさんいた。あのジャンプの「美」こそ世界中の人たちから受け入れられるものだったのだ。今でも思い出せる。彼のテルマーク後の左足が外へ流れてしまうところまで。しかし残念ながら長野オリンピック後のスキージャンプのルール改正にともなって彼のジャンプは姿を消した。スキーの板の長さが変わったのだ。彼の芸術的なジャンプをもう一度見てみたい。


 結局僕にとって、フィギュアスケートのあいまいな「美」より、ビタミン「B」のほうが大事ではないかと思うのでありました。










 落ちが決まらないのでもう少しスポーツの話をします。「ディープインパクト」の話。かなり有名人であるこの馬は無敗で三冠を制し、ジャパンカップをスルーして有馬記念へ挑みました。結果は二着で、無敗記録もとうとう終わりました。競馬ゲームでも無敗馬を作るのは難しいのに実際の競馬でやってしまうとは、脱帽である。ただ今回の有馬でもっと興味を引くのは、なにもこの記録だけではありません。このレース結果を見たひとはもうお気付きでしょうが、1、2、3着すべてサンデーサイレンス産駆(子供)である。しかも1、3着の馬のお母さんの父親(母父)がトニービンであること。トニービンといえば、現役のときペルージャのガウチ会長が所有していた馬です。凱旋門賞馬。彼の有名な産駆(子供)はエアグルーブです。(他もいるけどパッと出るのはこの馬)トニービン産駆の女の馬はとてもいい子を産むと有名です。今回の有馬でも結果がでましたよね。しかしこうも気持ちよく結果が出ると書きやすい。


 サンデーサイレンスという馬の子供がこんなにも結果を残すことになるとは誰が予想したでしょう。彼は(サンデー)はアメリカで生まれて現役を終えて日本にきました。それからというもの、彼の子供は走りに走りまくって(いい結果を出し続けたという意味)ついにディープインパクトという、(もはや伝説の)馬を誕生させた。サンデーの子供のなかにスペシャルウイークという馬もいます。(引退した)もちろん現役のときは武豊ジョッキーのお手馬。彼の活躍したレースの距離は幅広く、万能タイプです。インパクトも距離的な面では幅の広い馬でしょう。サンデー産駆の成功の裏にはこういった適距離の幅の広さが、大きなポイントではないでしょうか。

 

 今日はこのへんで終わります。

 
スポンサーサイト
別窓 | 最近の出来事 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<「血液型は人間の相性をも暗示する」のススメ | EIJI.COM  | 「白夜行」>>
この記事のコメント
・「初かきこみ☆」
けっこう頻繁に書いてるなぁ~しかも毎回おもしろいし♪尊敬です。今回の内容が競馬やったから、コメントしてみよっかなって。ディープ負けちゃったね~記念馬券のために単勝買ったのに…(;_;)ルメールにやられたってかんじかな。来年はどうなるんかな♪また新しい仕事のこととかのせて下さい。楽しみにしてます(^-^)
2005-12-27 Tue 22:52 | URL | ふじこ #-[ 編集] | top↑
・「コメントさんくす。」
 ディープ負けてしまったなぁ。とても残念。仕事のことは年明けのいつになるかわからんけど、書く気になったら載せるよ。
2005-12-28 Wed 13:55 | URL | えーじ #-[ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| EIJI.COM  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。