EIJI.COM  最近思うこととか、なんかしら気づいたこととか。そんことを書いていけたらいいかな。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「右脳と左脳」
2006-03-13 Mon 21:09
 昨日、「爆笑問題のススメ」という番組を見ていた。僕のブログの「ススメ」はこの番組から拝借したものである。この番組はおもしろいので目が元気な時は見るようにしている。最近は日曜の深夜に放送している。昔は月曜の深夜だった。ゲストは小説家だの漫画家だの学者だの様々である。昨日のテーマは「右脳と左脳」だった。

 人には利き腕があるように、利き脳があると一般的に言われている。例えば無意識に腕をくんでみてどっちの腕が上に来るかでわかるらしい(インターネット調べ)。僕は左腕だった。左腕が上に来るひとは「右脳」の働きがいいという。右脳は「直感的で創造力に優れている」と言われている。逆に右腕が上に来た人は「左脳」の働きがいい。左脳は「論理的で判断力に優れている。」という。一般的に男性は右脳タイプで女性は左脳タイプと言われている。

 これだけじゃわかりにくいかな。簡単に言うと右脳は「空間認識であったり音楽感覚」であって、左脳は「言語能力や計算処理」だそうだ。いい例が、女性が車の運転が苦手(地図とかが読めない)な人が多いのは左脳がつよいから(?)なんだって。

 話を爆笑問題のテレビ番組に戻す。右脳の持つ特色で「空間認識」というのがあるが、これは数学の幾何学でおおいに必要な能力であるという。数学の幾何学は空間を捻じ曲げるとか貼り付ける、という考え方をする。僕が大学数学がいまいちピンとこなかったのはこの能力が足りなかったからかなぁ、と思ったり思わなかったり。実際僕は運転そんなにうまくない(書いていて関係ないような気がしてきたけど、きっと気のせいだ)。

 逆に線形代数のような「計算」は左脳だな。僕はどちらかと言えば線形代数のほうが出来た気がしたので、実は俺は隠れ左脳人間なんかな、と考えたりした。でもまてよ、じゃ腕組の理屈と矛盾するぞ。

 

 結局のところ、自分が右脳タイプだろうが左脳タイプだろうがたいして気にならないことに気付いたのでこの話はおわり。





 清掃のバイトにも慣れてしまった。どうやら僕は毎日違う現場に行くという仕事がどうも向いているらしい。さあて、今日はどこの現場いくんかなと考えて事務所に行くのは好きだ。この前は滋賀の栗東のパチンコ屋の清掃。広すぎ。こそこそサボりながら何とか床の掃除機をかける。そのほかには老人ホームだったり、病院だったり。このバイトでどうにか毎月の生活費はなんとかなる(当然節約しないとだめだけど、なんとかっというところ)。バイトは、はやいときで朝の6時からという時がある。その時は終わるのも早くて、家に着くのが夕方6時くらい。この6時からの寝るまでの時間の使い方をなんとかしたいなぁ。



 そこで今の俺に出来そうなことは何かなぁと考えてみたりして。教職の続きとるとかいろいろあるんやけど。教職は授業に出るにはバイトあるから無理として、佛教大学の通信でもとるか、と閃いたけど閃きっぱなしのほったらかし。じゃまた正社員をさがす旅にでるかぁ、と思ったけど思っただけのほったらかし。(グダグダ?)うん。あんまほったらかすのは気が引ける。なんとかしよう。



 そんなこんなで僕は明日のバイトの用意をして風呂にはいって、髪の毛乾かして、ウダーとして寝るのである。



 ついでに最近社会人のサッカーチームの練習が雨で中止の連続だ。こんなんで試合に勝てるんか。


 楠さんへ。絵のほうはもう少しお待ちください。製作中です。


 それではまた。



 
 
スポンサーサイト
別窓 | 最近の出来事 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<「トニー滝谷」 | EIJI.COM  | 「I believe myself」のススメ>>
この記事のコメント
・「絵」
もう書いてくれているんだね。ありがとう!
いくらでも待ちますんでゆっくり書いてくださいな。


ちなみに僕も左腕が上にくるんだよね。
創造力は優れていないけど、論理的に物事を考えれず直感で動くタイプだから当たっているかなぁ。

くーっ、絵の完成が楽しみだ。わくわくしながら待ってます♪
2006-03-14 Tue 00:14 | URL | くす #-[ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| EIJI.COM  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。