EIJI.COM  最近思うこととか、なんかしら気づいたこととか。そんことを書いていけたらいいかな。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「コーヒーのダンス。」
2006-05-09 Tue 03:13
 えー、ゴールデンウィーク中に僕がしなくてはいけないことは、小説を完成させることだろうと勝手に自分で目標を立てました。この手の目標は本当にたちが悪い。進む時は進むし、一回止まったらもうどう捻ろうがまったく前に進まないという。まあ簡単に言えば面倒くさいジャンルです。

 まあ何とか完成してよかったのですが、いまいち達成感も完成した内容にも満足できずに不完全燃焼だ。

 たぶんその原因はどうも締め切りがあったからだ。実はある小さなローカルの出版社が企画営業を募集していて、僕はその提出書類に小説を添えてしまおうとしたからです。もちろんそんな条件はありません。その会社の募集条件で面白かったのは、提出書類に「仕事をしていく上で職場の人々との関係で大切にしていることと、その理由」のレポート提出があった。

 なんとも面白い。なんとも挑戦的。やってみよう、という具合。まあハッキリいってここは出版関係の経験者を募集している。年齢は30から35まで。僕にはおよそ関係ない畑でのお家事情。

 そのレポートをチョチョイのドンで書き上げ、いざ小説の完成を目指す。

 進まない進まない。亀くらい進まない。俺はなんて無力な人間なんだ、と大げさに実感しながらもパチパチとキーボードを弾く。

 そして、なんとか完成した。タイトルは「コーヒーのダンス。」

 内容は、うん書くの面倒くさい。自分で納得してへんもんは、書こうと思っても書けへんもんやろう。無理やり完成さしたらあかんと思う。無理やりという力みは、うさんくささを香らせる。


 完成して履歴書書いて、レポート添えて、準備は完璧。後は明日が応募の締め切りなので、バイクで会社までそれらを持っていくだけ。

 次の日、僕はこの書類をもっていくのをためらった。こんな自分で納得してないのを持ち込んで、いったい何がおもろいんや。ホンマにええんか。お前はそれで満足か!と考えて、結局提出しなかった。僕の中で、ええから出しとけや!の声がしたけど無視した。

 「コーヒーのダンス。」を書き上げて、僕はまだまだだな、と改めて感じた。相手を納得させるより自分を納得させるほうが百倍難しい。

 僕には書きたい中身がある。

 例えばお風呂いっぱいにお湯を張り、そしていざその湯船に入る。すると水が溢れる。その溢れたお湯は排水溝に集まり流れ落ちる。見ていて気持ちがいい。そんな「気持ちのいい無駄」を書きたい。それを人間レベルに置き換えて、書いてみたい。

 でも今回の「コーヒーのダンス。」は路線が違う。中途半端な友情みたいなことを書いた。納得できーーーーーーーーーーんっ!!

 納得できんなら 破いて捨てろ ホトトギス

 納得できんなら 納得してみよう 営業マン

 納得できんなら タンスにしまおう タンスニゴン

 明日は京都の某製造会社の面接です。ああ、早く働いて金が欲しい。

 面接のことはまた載せます。うまくいけばいいな。

 じゃ、また!
スポンサーサイト
別窓 | 最近の出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<「金属加工という仕事。」 | EIJI.COM  | 「NOT FOUND」>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| EIJI.COM  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。