EIJI.COM  最近思うこととか、なんかしら気づいたこととか。そんことを書いていけたらいいかな。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
自分の「スタイル」のススメ。
2005-12-03 Sat 19:04
 まずはこのネタから。ガンバ大阪優勝!セレッソ大阪は終了間際まで手に握っていた優勝カップをガンバ大阪に持っていかれた。
 
 僕はNHKで観戦していた。セレッソはこの試合に勝てば文句なしの優勝決定で、同点の場合は他の試合結果によっては優勝という状況。(それは2位との”勝ち点”差が1点という状況からくるものです。)

 セレッソは試合の最後の最後で交代カードの選択が試合の流れに合わなかった(と思った)。セレッソの森島(FW)が相手のカウンター攻撃を止める為に相手選手にファウルした。審判はイエローカードを出した。一試合でイエローカードを二枚もらうと、その選手は退場になってしまう。
 セレッソの監督はその森島に代えて、FWの徳重を代える選択をした。僕はこの時間帯に、ここでまたFWの選手を入れるのが、どうなんだろうと思った。(その時はセレッソが2-1とゲームを優勢に進めていて、しかも残り時間が少ない。)その交代と同時くらいに、セレッソの攻撃と守備に貢献していたぜ・カルロスの故障。ここで監督はこのゼカルロスに代えてFWの黒部を入れた。そして次にDFの選手を入れようとした。その選手の交代直前の相手のCKから同点ゴールを決められた。セレッソの西沢のバックヘッドクリアーを拾われてしまった。
 

 セレッソは、森島のイエローカード、ゼ・カルロスの故障、に対しての采配がアンラッキーだった。また前半に得たPKを生かすことが出来なかったことも。そのPKは結果として相手のキーパー土肥の”うまさ”にしてやられた。セレッソの小林監督のハーフタイム(前半終了)のインタビューのコメントで、「いい内容だ。後はカードの切り方だ。」(「前半の内容は悪くない。後半はどういった選手交代をするかが重要だ。」の意味)が今となれば僕の中で悲しくこだまする。
 
 優勝を決めたガンバ大阪は、大黒、アラウージョ、フェルナン・ジーニョを最終戦に揃えることが出来たこと、また2位という立場で精神的な面で一位のセレッソより攻撃的に出れたこと。つまりは、セレッソイレブンの「勝てば優勝」からくる”(固さでなく)堅さ”が、ゼ・カルロスのサイドキックでのPK失敗に繋がる。そしてガンバ大阪の「自分たちが勝つと何かが起こる(優勝もありえる)。」という気持ちに”堅さ”は必要なかった。この2チームの複雑な試合展開の中での精神状態と、あとは”運”が今期の優勝を左右したのでしょう。

 面白いのは、この両チームの最終戦でどちらもPKが与えられていること。これをガンバ大阪の遠藤はきっちり得点し、セレッソ大阪のゼ・カルロスは外している。”もしPKは運だ(PKで得点を決めることに必要な条件を、キッカーの技術でなく、運と定義するなら)”と考えるとこの2チームの、運勢という見えにくいものが、今日は結果として出ている。

 優勝したガンバ大阪の西野監督が、「この連敗のままリーグを終えたくなかった。最後の最後でチームのサッカーが出来てよかった。」と語った。彼が強調したのは優勝よりもまず、今シーズンを通して最後の最後で自分たちのサッカーが出来たこと、である。ガンバは今シーズンを通して、その攻撃サッカーをスタイルとしていた。2失点しても3点取るというスタイル。しかしリーグ終盤に差しかかると、選手の怪我や、追われる立場という精神状態が、彼らに自分たちのサッカーをさせなかった。そして最終戦を前に彼らはセレッソに1位を奪われていた。その中での最終戦だった。また怪我の選手もこの最終試合に帰ってくることが出来た。

 対象的なのはセレッソである。最終戦に守備の要のクアドロスの累積警告での出場停止。彼らもまた自分たちのスタイルである負けないサッカーを最終戦でも披露したが、最後に”運”がなかった。

 勝ち点1差という状況で、セレッソは負けないが引き分ける可能性があるし、ガンバは負けるかもしれないが勝つ可能性を秘めている、というスタイルの違うチームがお互いの”いいところ”を出すことができた最終節はとても見ごたえがあった。

 最後にガンバ大阪の西野監督の言葉がふっと思い出される。「最後に自分たちのスタイルで試合に勝てた。」今年の優勝チームは”攻撃性”を武器に最後の最後で壁をぶち破ったのだ。個人的にセレッソ大阪の小林監督の意見を聞きたい。僕の予想で、「モリシ(森島のニックネーム)のイエローカードからこの試合の主導権を向こうに奪われた。」とでも言うのだろうかな。


 しかし、セレッソおしいなぁ。こんなんばっかりやん。というか、セレッソは”優勝目前で獲り逃す”のが実は彼らの本当のスタイルだったりして!(笑)。FC東京の土肥はうまいと思う。とくにあのPKは。完全に自分のペースに持ていった(カード出たけど)結果、完全にゼ・カルロスのキック前の体の向きのフェイントを読みきってたもんなぁ。あのPKのやり取りは最高におもしろい。

 以上で日記というかなんとういか、終わりです。
スポンサーサイト
別窓 | 最近の出来事 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<「PKはゴールのど真ん中へ強振」のススメ | EIJI.COM  | 京都を駆け回った一日>>
この記事のコメント
・「」
セレッソ観に行ってたっすよー
僕は失点の原因が、ドン引きしてしまったDFラインにあると思います。やはり、相手のゴールラインまでボールを運ぶべきでしたね。おもしろくはないですけど、コーナーあたりでのキープがいかに重要か。いかに助かるか。
残念です。泣きました。
2005-12-04 Sun 07:48 | URL | 27 #-[ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| EIJI.COM  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。